【葬儀の常識】典型的な葬儀の流れ

お通夜

お通夜の写真

お通夜はご遺体をお葬式場まで運び、ご遺族も早めに入場して待機します。ご遺族専用の控室が用意される式場が多いので、ここでお通夜の1時間前には準備を済ませましょう。お通夜で身につける着替えを予め用意しておき、速やかに着替えておくと気持ちに余裕が生まれます。斎場では、次々とご供養のお花が届きますから、どなたから送り届けられたか記録に残して、忘れることなくお礼ができるようにします。このお花のことを供花と呼び、喪主を始めとして遺族と親戚に友人と知人や、関係する企業と団体の順で、名札を付けて配列することになります。これは絶対というわけではありませんが、一般的に用いられているルールなので、それに従った方が無難だといえます。返礼品やお礼状は、忘れたり間違えると失礼に当たるので、記録だけでなく管理も細かく正確に行いましょう。お通夜の受付は開始の30分前に始め、受付場所は明るく照らしておき、誰でも迷わず訪れるように配慮します。いわゆる、記帳を行う芳名カードなどを用意して、受付を終えた弔問者を控室などに案内します。喪主とご遺族は式の本番よりも早く、15分前には席について僧侶や弔問者を迎え入れたいものです。祭壇に向かい右手に喪主とご遺族が座り、その次に血縁の近い方から座ります。左手はお世話になった友人知人が座る席なので、こちらも右手と同様に縁の深い方から座る形です。僧侶が入場したらお通夜の開始で、読経が始まりお焼香へと進みます。お焼香が済んだら喪主が挨拶を行い、お通夜を終えて葬儀へと待機することになります。お焼香の詳細な流れや、お通夜の挨拶の有無は宗派によるので、確認した上で行うことが大切です。