【葬儀の常識】典型的な葬儀の流れ

出棺・火葬

出棺・火葬の写真

出棺前は故人との最後の対面ですから、後悔しないように顔を見たり、話し掛けて気持ちを伝えることが重要です。祭壇から棺を下ろしたらご遺族から話し掛け、挨拶や供花を済ませたら、ご親戚からも供花を故人の周りに飾り入れてもらいましょう。お別れの花と一緒に、故人の愛用した品物も一緒に入れて、本当の意味で最後の対面に納得したら蓋をします。棺の蓋は釘を打ち込むことがあって、これを釘打ちといいますが、近年は省略して行わない場合もあります。出棺の時は生前の縁が深い男性を中心に、6名様に協力をお願いして霊柩車へと運んでもらいましょう。出棺では、喪主やご遺族は直接手伝わないのが一般的で、人手が足りない場合は葬儀社のスタッフが協力する形となります。喪主は位牌を持ち、ご遺族は遺影を持って棺の後に続いて出発します。霊柩車には喪主か遺族が1、2同乗して火葬場へと向かいます。火葬場に参列する人が多い時は、葬儀社などにお願いしてバスを手配してもらうことになります。火葬場では火葬許可証を提出して、火葬後に埋葬許可証を受け取りますが、これらは葬儀社が担当することの多い内容です。納めの式においては、棺を火葬炉の前に安置して火葬に入ります。僧侶が同伴する際は読経を受けて、喪主からお焼香をする形となりますが、こちらも詳細は宗派によって違ってきます。火葬には1時間から2時間が必要なので、その際に控室で僧侶などに軽食やお菓子を振る舞います。火葬が完了したら骨上げに入り、血筋が近い方から順に骨を拾い集め骨壷に収めます。骨上げの完了後は、骨壺と埋葬許可証を係りの人から受け取り、近親者が位牌と遺影を持ち火葬場を出発して帰宅します。