【葬儀の常識】典型的な葬儀の流れ

ご危篤から納棺までの写真

ご危篤から納棺まで

葬儀にはまず、ご危篤になる状態から納棺までの流れがあり、順番に手続きを進めるのが基本です。危篤とは病状がとても重く、命の危機に瀕している状態で、なくなる可能性がとても高い状況のことをいいます。多くのケースでは、病院や入所施設であったり自宅でご危篤になる場合が殆どで、これらの場所で納棺までの手続きを進めることになるでしょう。病院を始めとした施設で亡くなられた時は、ご遺体をご自宅か安置施設へと搬送するのが、葬儀の第一歩となります。搬送だけでなく、その後の手続きもプロに任せるのが一番なので、葬儀社に速やかに連絡してお任せします。ご遺族が業者を探して手配することも可能ですが、病院から提携先の紹介を受けて、手続きに入るという方法もあります。ご遺体が施設から出発する際には、予め医師に死亡診断書を書いてもらい、搬送時に携行することが必要不可欠です。また、搬送はプロのスタッフ任せではなく、ご遺族も一緒に車に乗って、自宅あるいは安置施設へと向かいます。安置するご遺体は北枕にして、死化粧や白装束を施す形になります。お寺の檀家であれば、お世話になっている僧侶にお経をお願いして、いよいと納棺の段階へと入ります。納棺はお通夜までに済ませるのが原則で、ご遺体を浄めてから棺に納めます。納棺の儀式はご遺族のみが同席を行い、故人の愛用品を一緒に納めて完了となります。ただし、燃えにくい物は、火葬の際に火葬炉を傷めてしまう恐れがあるので、金属製などのは入れないように注意しましょう。

葬儀 埼玉